Tucson Gem, Mineral and Fossil Show 2022

      〜ツーソン ジェム、ミネラル アンド フォッシルショー2022〜

 

渡米初日は雨が降る肌寒い日となった、今年は2年ぶりのツーソンショーでの買い付けである。
コロナ肺炎の影響で海外のミネラルショーも中止が相次ぎ、去年のツーソンミネラルショーも4月に延期となった、海外からの業者も来ないという事で仕方無く来訪は諦めた。
なので今年のツーソンショーに掛ける期待は大きい。今回はメインショーへは行かないので約2週間の滞在予定である。

早速宿をレンタルしている友人に連絡を取り宿へ向かう。



今年新たに開催されたショー会場、入り口は本当にショー会場かと疑うような感じ。見たところここがメインの入口だと思うのだが、でも中に入ると・・・





ツーソンミネラルショーの多くはこの様な巨大な簡易テント?を作りショー会場となる。
こちらでも良質な鉱物をいくつか入手。



大きな水晶はみんなが写真を撮る撮影スポットである。大きな水晶にも驚くがそれ以上に大きな熱処理したシトリンに驚き!こんな大きなジオードを熱処理できる機械があるとは。



こちらも新しいショー会場。こちらは常設だがショー以外は倉庫のように使われているため、ショー期間以外に来ても開いていない。でも中に入ると・・・



壮観です!







綺麗に並べられたサムネイルコレクション。



美しいFineMineralsがズラリと並びます。



こちらはショー会場入口、決してラ○ホテルではありません。 

屋外のショーはお手頃な鉱物が並ぶが暑い日差しで倒れそうだ、でも今年はテント(日陰)が増えていたので有難い。





今回買い付けた新産のメキシコ産ジオード。フローライトと共生した珍しいジオードである。



この様に並んだ鉱物を一つ一つチェックして良質な鉱物結晶を選びます。



うーん、なんでドラゴンの頭に蝶の翼?そしてなんで山羊が繋がれているのか?
でもこういう展示があるアメリカのショーが好きです。



メキシコのカンテラオパールも沢山売られていますが安いのはそれなりのグレードですね。

いつもお世話になってます。中華料理のMEI MEI。


鉱物を買いに行くと「あ〜ぁ、あれ買っておけば良かった〜」と思う時がありますよね、でも鉱物収集をしているとそんな時が何回も何回もあります。だからいちいち気にしてはいけません。あれは自分の所に来る運命じゃなかったんだなと、きっぱりあきらめましょう。

鉱物を見て「あれ欲しいな〜、でも高くて買えない」と思う時がありますよね、でも鉱物収集をしているとそんな時何回も何回あります。だからいちいち気にしてはいけません。あれは自分の所に来る運命じゃないんだなと、きっぱりあきらめましょう。高い鉱物結晶は数億円もします、値段だけを見たら際限がありません。

もし他の人の鉱物を見て「あの人が持っている物より良いものが欲しい〜」と思っているなら、鉱物収集はやめましょう。鉱物収集は勝ち負けの世界ではありません。鉱物の美しさを楽しむという本来の目的から外れて、鉱物収集がストレスの原因になります。だからいちいち気にしてはいけません。人は人、自分は自分ときっぱりあきらめましょう。

でももしあなたが他にない唯一無二の鉱物を見つけたら即買いしましょう!もちろんお財布と相談して。唯一無二の鉱物はどんな偉い人もどんなお金持ちもだれも作り出すの事の出来ないあなただけの宝物です。



こちらは郊外のウエストワードルックショー。







大きさが分かるよう人物を入れて撮影しています。



今回のウエストワードルックショーで目を引いたユークレース。10cm程の大きさのクラスター





う〜ん、見ていて気持ちの良くなるサムネルコレクション、色合いも綺麗ですね。




今回は帰国前にPCR検査を受けなければならない。厚労省が発行しているフォーマットに記入しないと入国出来ないとの話で、どこでもいいからPCR検査を受けて帰ればよいという話ではない。しかもカリフォルニアから帰国する場合は6日間の強制隔離!アリゾナから帰れば3日間だというのに・・・あ〜あアリゾナから帰ればよかった。

今年はコロナの影響で海外から来るのバイヤーが少なかったおかげで満足の行く仕入れが出来た、しかし中国やインドなどの国々からのディーラーが来なかったのはとても残念である。特に中国産の鉱物は期待してたのに・・・ 諸外国のインフレも影響しているのか鉱物の値段は天井知らずだ。

今では多くの業者が海外に買い付けに行くが、良い鉱物を仕入れるには長年の経験と知識が必要だが何よりそれまでの準備が必要だ。数年後に良い鉱物を手に入れるために、今種をまかなければならない。日々の小さな仕事が大きな花となる。商品を見ればそれまでの仕事(生き方)が現れるから。

今年は2年ぶりのツーソンショーとなったが実は去年もアメリカには来ている、コロナ真っ只中の2年前の夏も。多分コロナに罹ったら我々のような外国人は自国民より後回しだろう、もちろんコロナだけではなく飛行機の墜落など死を意識していつも海外買い付けに出かける。大げさな話かもしれないが海外に出張に行く時には、もう戻って来れない事をいつも頭の片隅にしのばせる。
何故そこまでして買い付けに出たのか?ただ純粋に 「一人でも多くのお客様に喜ばれる商品を仕入れたい」という思いだけである。
だって人は誰かを幸せにするために生まれてきたのだから、そして誰かを幸せにすることが幸せに生きる方法だから。



 

 

 

 

                                                                                                      Paix Amour et harmonie
                                                    村山 高広